自由の女神像

1998年~1999年、「日本におけるフランス年」事業の一環として、フランスの「自由の女神像」がお台場に設置されていました。

現在の女神像は、2000年に設置されたフランス政府公認のレプリカ。「台場の女神」とも呼ばれ、観光スポットにもなっています。レインボーブリッジと共に、ライトアップされる夜景がロマンチックです。

基本情報

読み方 じゆうのめがみぞう
住所 東京都港区台場1-4-1
電話番号 03-5531-0851(お台場海浜公園)
公式サイト なし
入場料 無料
駐車場 なし
アクセス ゆりかもめ台場駅から徒歩2分
りんかい線東京テレポート駅から徒歩5分
周辺地図

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●ゆりかもめで台場駅を降りるとすぐ見えるのが自由の女神像、これは元々日本におけるフランス年と言うのを記念してフランス政府から2年間の約束で寄贈されたものだそうです。現在もお台場のモニュメント的存在として展示されていますがやはり大きいの一言につきます。アメリカにある本家自由の女神には遠く及びませんがお台場の自由の女神でも十分その大きさを堪能できます。 海をバックに飾られている事からレインボーブリッジ、東京タワーとあわせて眺めるとそれはもう最高の一言、お台場に用事がなくても見に行くだけの価値はあります。あと意外にも私は待ち合わせの場所にもよく利用していました。十分に目立つしわかりやすいから待ち合わせにも良いかもです。

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●『どうしてこんなところに自由の女神が?ニセモノ?』その反応が楽しみで、地方から上京してくる友人や家族を必ず連れて行くスポットでもあります。パリからきた台場の女神。そう言うと「自由の女神ってNYにいるんじゃないの?」・・・ホントにもうややこしい。でももう何度も説明しているのでウンチクを語れるようになりましたが。この台場の女神は海とレインボーブリッジを背にして立っています。うまく工夫すると、女神+ブリッジ+東京タワーの写真が撮れますし、夜景がなんといっても素晴らしいんですよ。うっとりしてしまうほどです。カップルのデートコースとしても定番ですが、意外と日本を訪れた欧米系の外国人の方々が、嬉しそうにカメラを向けているのも特徴的だと思います。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

お台場を代表する2つの高級ホテル

料理種類別のおすすめレストラン

日本全国の観光情報ならDoCoJapan

DoCoJapan(ドコジャパン)