フジテレビ本社ビル

オフィスタワーとメディアタワーを備え、巨大な球体が目印のオフィスビル。

番組のセットがたくさんあり、運が良ければ番組収録が観られることもある「きっかけストリート」、番組グッズが買えるショップやカフェがそろった「シアターモール」、イベントやライブが開かれる「屋上庭園」が人気です。テレビ好きにはたまらないお台場の定番スポット。

基本情報

読み方
住所 東京都港区台場2-4-8
電話番号 0180-993-188
主な施設 フジテレビ球体展望室「はちたま」
フジテレビ湾岸スタジオ
公式サイト こちら
入場料 無料
駐車場 なし
アクセス ゆりかもめ台場駅から徒歩3分
りんかい線東京テレポート駅から徒歩5分
周辺地図

口コミと評判

20代男性

●●フジテレビ本社ビルとは、あのフジテレビの収録などを行っている建物です。その建物の中に、観光もできるようなスポットが作られているという少し変わった場所です。まず、正面入口を入ると、カフェがあったり、ショップがあったりします。そのショップには、フジテレビで放送中のアニメのキャラクターぐやフジテレビの番組のグッズなどが売られています。こちらを見るだけでも、結構楽しめます。さらに、このグッズを買うだけでも、なんだか観光したような気分になりました。そして、正面入口の横のエスカレーターを上がると、スタジオなどを見学出来る場所に行けます。運が良ければ、収録中の場合もあるようですが、私が行ったときは、見ることが出来ず、残念でした。それでも、結構楽しめました。

20代女性

●●私は1年前にお台場のフジテレビに行ってきました。お台場は色々とショッピングが出来たり、見る所が沢山あるので、時間がいくらあっても足りないくらいです。フジテレビには、1階にはサザエさんのグッズとか人形焼とか売っているお店があったり、長いエスカレーターを上がった先に、無料で拝観できるフジテレビのコーナーがあるので、やっていた番組のセットとかキャラクターとかが飾ってあって、写真を撮って楽しめたりするので、かなりお得な感じがします。笑っていいとものセットなどがあり、実物大のタモリさんの人形と一緒に写真が撮れたり、外に出るとワンピースのグッズを扱っているお店とか、フジテレビの番組のグッズを扱う店もあるので、お土産も買えるしとても楽しかったです。

30代男性

●●フジテレビ本社ビルは、すっかり東京・お台場のシンボルになっていると思います。山手線沿線からは離れたところにありますが、新橋からゆりかもめに一本乗れば難なく到着します。そんなフジテレビ本社ビルは、放送局の中身を見学・体験できる施設です。将来アナウンサーになりたい人は是非一度訪れておくべきスポットでしょう。フジテレビ局のアナウンサーの大きな写真や番組で使用する等身大のものなども展示してあり面白いです。とくに休日はお客さんも多く来場しています。家族連れや友達同士やツアー団体など多様な人でにぎわっています。本社ビル展望台からは東京湾や高層ビル群が見渡せ、東京タワーやスカイツリーとは違った景色が楽しめると思います。海近くなので私が訪れた時は風が強かったです。

30代女性

●●私は2年間東京に住んでいたことがあるのですが、その時にお台場に遊びに行きました。暑い夏の盛りでした。ちょうどテレビ番組「はねるのとびら」の大きなイベントが行われており、フジテレビの周りには人がいっぱいでした。本社ビルに向かう、長い階段は、朝の天気予報や「めちゃめちゃイケてるっ!」などの撮影でよく使われているのを見ていたので、いざ自分が同じ場所に立っていると思うと、感慨深かったです。やっと本社の中に入ると、フジテレビで放送されている番組関係のグッズが沢山売っているコーナーがありました。中でも「サザエさん」に関係するグッズがかわいくて渋く、印象に残っています。テレビで何度も見ていた球体にも入れました。

40代男性

●●いつもめちゃイケなどで見ているフジテレビの光景が実際に体感でき、とても興奮しました。球体展望室「はちたま」は雰囲気も特に素晴らしく、お台場を見渡せるのが最高です。はちたまショップのグッズもここでしか替えないものが揃っていて、いっぱいおみやげを買ってしまいました。年齢層問わず楽しめる施設が多く、湾岸スタジオもエコに配慮されていて好感を持ちました。7階にある人気アニメ「ワンピース」をモチーフにしたレストランも最高。まるで本当にコックのサンジが作ったような美味しいメニューばかりで、うちの子供も大喜びでした。1階のカフェコスタもリラックスしてコーヒーを堪能でき良かったです。また機会があれば行きたいスポットですね。

40代女性

●●お台場にあるフジテレビへ行ってきました。まずは、ゆりかもめに乗り、車窓を楽しみながら、台場の駅に着きました。フジテレビの中は、一般開放されている施設があり、いろんな番組の展示品を見ることが出来たり、番組の雰囲気を味わったりすることができました。いつも見ている番組のブースを見ることもできたので、とても親近感がわきました。見たことがない番組のブースもあったので、今度、放送されたら見てみようかなとも思いました。フジテレビ番組のキャラクターグッズもいろいろ販売していたので、友達のお土産や、自分のお土産も購入しました。ここへきたおかげで、いろんな番組に興味がでてきたので、これからフジテレビの番組をチェックしてみようと思います。

50代男性

●●ゆりかもめ台場駅から、徒歩約三分ほどで行けます。東京観光といえば、こちらのフジテレビ本社ビルに立ち寄るという方も多いのではないでしょうか。やはり、フジテレビで放送されている番組のグッズが購入できるので、東京のおみやげにもピッタリだと思います。正面入り口にある長いエスカレーターを上がると、実際のスタジオなどが見えるスポットまであります。もちろん、いつもスタジオ収録が見られるわけではありませんが、運が良ければ、実際のスタジオ収録が見られる可能性もあります。テレビが大好きな人は、東京観光に来た際には、ぜひオススメの場所だといえると思います。毎年夏には、さまざまな番組がコラボしたイベントも開催されています。

50代女性

●●お台場といったらフジテレビという印象があります。だからといって、そんなに行ったことはないのですが、お台場合衆国の際に一度だけ行きました。見た目は銀のまんまるっていうイメージでした。お台場合衆国のときは外でイベントを満喫してからビルに入って、サザエさんのスペースなどを見ました。ここで撮影が行われるんだと思うと不思議な気分でした。フジテレビ好きの私にはお土産を見て回るだけでもうきうきして、楽しかったです。ただ、そんなに広々って感じではなかったので、中のお店を見てるときも窮屈だったし、エスカレーターなどもすごく人がいっぱいですごく混雑してました。いつもフジテレビばかり見ているので、フジテレビ本社に行けてよかったです。

60代~男性

●●お台場のシンボル施設の一つともいえるフジテレビ本社ビルのデザインは、東京都庁などの設計も手がけられた、世界的な建築家丹下健三さんによるものです。まさに国際レベルの建物になっています。遠くからも目を引くデザインは、シンボルの名に相応しく、たとえ建物名称を正確に知らなくても指差すだけ辿りつけてしまうほどユニークですから、まず迷うことなくアクセスすることが出来ます。多くの方はゆりかもめでアプローチすることになると思いますが、改札を抜けると3分ほどで正面にたどり着くことが出来ます。すると建物の威容もさることながら、海に近いことを実感出来ると思います。こうしたドラマチックな海との出会い方にも、世界的建築家の卓越した技が感じられるようです。グループでも、カップルでも、一人でも、訪ねてみる価値のある文化施設だと思います。

60代~女性

●●お台場のシンボルといえば、フジテレビですよね。タモさん大好きなので番組の観覧で、行ったことがあります。実物大のタモさんと写真を撮ったりして、年甲斐も無くはしゃげます。フジテレビには、サザエさんグッズが売っているので、サザエさんファンの方も要チェックだと思います。見所が沢山あって、しかも広いのですが、歩き疲れたらカフェでゆっくりして、英気を養えます。タイミングが合えば収録中の番組を見学したりも出来るし、展望台から見える東京湾の風景を楽しむことも出来て、大人なのに、修学旅行気分になれて友人と何時間もフジテレビを満喫してしまいました。フジテレビのキャラクターグッズなど沢山有って、自分用や友達用のお土産もついつい沢山買い込んでしまいました。

お台場を代表する2つの高級ホテル

料理種類別のおすすめレストラン

日本全国の観光情報ならDoCoJapan

DoCoJapan(ドコジャパン)